本文へスキップ

発表会・演奏会・ステージ発表CD/DVD制作 ミューズ パーティー


お問い合わせは
info@museparty.jp

発表会の記念品はミューズ パーティーへ

撮影方法別のメリット&デメリット

手軽に動画を撮影する方法は様々ありますが、それぞれにメリット・デメリットがあります
   メリット  デメリット
スマートフォン 現在最も一般的な記録方法で、他の人と共有も簡単にできる
手ブレしたり、被写体の切り替えが困難
長時間の撮影には不向き
ビデオ
カメラ
手振れ補正機能を使って安定した撮影が可能 拡大して撮影に集中すると大切な場面を見落としてしまう 
 カメラ 再生回数が少ない動画より写真の方が
簡単
10年後になって見返したとき、写真は動きがなく動画の方が思い出が鮮明によみがえる
大切な記録をきれいに残すために複数のカメラを使うマルチカメラ撮影が適しています

マルチカメラ撮影

1台のカメラで撮影すると、どうしてもズームとパンの繰り返し映像になってしまいます
1台のカメラでは追えないシーンを複数のカメラで撮影するマルチカメラでは、必要なシーンを選択できます
プロの映像制作現場では、事前準備、複数の業務用機材などを使用して撮影するので費用がかかります
現在の高性能化した複数の民生用カメラで記録を行えば、テレビ中継のような多角的な編集が可能になります

マルチカメラ撮影の方法の注意点

複数のビデオカメラを用意します
メーカーによって色が異なりますので、できれば同じメーカーの同じ型番のカメラを用意して同一ファイル形式で撮影します
可能ならば明るさやホワイトバランスなど設定を揃えます
特に逆光には注意が必要です

事前にカメラを三脚にセットして同時に録画します
会場後方からの全体の画像、対象物のアップ、対象物を別の角度から撮影したカット、どうしても撮り忘れしたくない場面などさまざまな映像を用意します
撮影時には、なるべくズームやパンをしない方が見やすい映像になります
また、編集時にデータを同期させる必要があるので録画と停止の切り替えを最低限にします
音にこだわる場合は録音機器を用意してください

PremiereProなどマルチカメラ編集ができるソフトウェアを用意して編集すれば、撮影ミスがない質感の高い記録動画が安価に作れます

マルチカメラ撮影に関する質問があればメールで連絡してください